パパのお弁当作りは手抜きの方が喜ばれた

お弁当を作るのって結構大変じゃありませんか?

毎日同じものを入れるわけにはいきませんし、色味も気になります。

色味を気にしても、パパからは不評だったりして悩んでしまうことも。

では、手抜きしてしまうのはどうでしょう?

お弁当は毎日のようにあります、毎回頑張りすぎるのは大変です。

ほどほどに手抜きをして気楽にお弁当作りをしてみましょう。

手抜き弁当とは?

立派なママ達は、毎朝早起きして手作りで朝から揚げ物をしたりするかもしれません。

でも私はズボラ体質、早起きしても朝から揚げ物はとても出来ません。

後の油の処理も面倒ですからね。

私の手抜き弁当作りは簡単ですよ。

まず野菜のおかずは、前日に食材を切って冷蔵庫や冷凍庫に入れておきます。

これだけで事前準備が楽チンになりますよ。

もしくは前日の残りものを使ったり、リメイクしたり。

多めに作って冷凍保存して、お弁当を作る時にレンジでチン。

簡単ですぐに作れるのでおすすめです。

後は冷凍食品を買っておいて、お弁当に使ったりしています。

他に隙間があれば、ブロッコリーを茹でたものを入れてみたり、ソーセージを入れて隙間を埋めます。

卵焼きぐらいはたまに入れていますが、それほど面倒ではないので簡単です。

事前の仕込みをしていれば、毎朝の工程も少なくなります。

子供達が寝てる時や、晩御飯の支度のついでに野菜を切っておくだけ。

それくらいなら、簡単にチャレンジ出来ますよね?

朝、作る時は炒めたりするだけ。

煮物なら、前日に作っておけば翌日は味が馴染んでさらに美味しくなります。

手抜きでも美味しいお弁当になれば、それでいいのではないでしょうか?

パパの反応

以前は頑張って、野菜をたくさん使い色味も気にして作っていました。

けど男の人って彩りなんていらない。

「茶色いお弁当の方が嬉しい。」なんて言いませんか?

こっちは彩りを気にしながら、プチトマトやブロッコリーを入れて華やかにしてるのに。

でもこれって自己満足なのかも。

お弁当で重要なのは、まず量が足りているかだそうです。

足りないと、後でパンなどを買ってしまうので無駄遣いにつながってしまいます。

後は、お肉は冷めても食べられるけど、野菜は冷めると美味しくないと言っていました。

なので、多少の彩りはそのままにしてお肉のおかずを増やしてみました。

冷凍食品やソーセージなどなんですけどね。

そしたらパパはこんなお弁当の方がいいと言います。

作る方は野菜を入れて綺麗に作りたいと思っていました。

けど、お弁当って食べる人が大事なんですよね。

でも周りの目も気になるからママは彩りを気にしてしまう。

いっそのこと気にしないというのもいいのかも。

そう思って、今では手抜きお弁当を作り続けています。

野菜はちゃんと入れているし、彩りも少し気にしています。

でもパパの意見も取り入れることによって、満足してくれるなら。

お仕事を頑張ってもらうためにも、見栄を捨ててしまいましょう。

まとめ

お弁当を手抜きしてしまおうという記事を書いてみました。

やってみようかな?と思ってもらえたら嬉しいです。

手抜きと言ってもある程度の調理はしています。

しかし残りものをリメイクしたり、冷凍食品を使ったり。

朝のお弁当作りを少しでも早く終わらせる。

野菜は前日に切っておけば切る時間もなくなります。

簡単なのでぜひやってみてください。

それと彩りを気にしすぎてパパの意見を無視してしまうより、パパの好きなものをいれてあげましょう。

そうすることで仕事のモチベーションにもかかわります。

ちゃんと意見を取り入れることで、ママがお願いしたことをやってくれている。

ありがたいなぁ。

そう思ってくれるかも。

感謝されるとやりがいも出ますよね。

楽しく時短に簡単に朝のお弁当作りをしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)