子育ての理想と現実のギャップ

子育てにおいて、直面するのが「思っていた理想の育児」と「現実の育児」のギャップです。

「こんなはずじゃなかったのに!!」と思いながら育児をするのはとても辛い物です。

現実はこんなに過酷なのか、もっと優しく子育てしたかったのに怒ってばっかり。

という理想と現実の違いを書いて、皆そうなんだ。と安心して育児が出来たら良いと思います。

 

【理想の育児】

部屋は片付いていて、子供にも優しく出来る。

一緒に楽しく遊んであげて、ご飯も毎食栄養バランスが完璧で手抜きもない、

子供が時間をかけてゆっくり食べていても優しく見守ってあげる。

もちろん子供は好き嫌いせずに完食する。

テレビもつけずに一緒に過ごす。

毎日公園に連れていく。

子供は規則正しいリズムでお昼寝をして夜もぐっすり眠る。

夫が帰ってきたら、笑顔でお出迎えをし、夜はゆっくり過ごす。

これが理想だと思います。

ですが、現実はそんな甘くないのです。

 

【現実の育児】

現実はまず子供を朝起こすのに一苦労、二度寝をしだす事も多々あります。

朝ご飯を作ってもなかなか食べないし、食べても残す。

頑張って栄養のある物を作っても、ほとんど手をつけない。

食べているなと思い様子をみると、こっそりご飯を床に捨てていたりする。

怒ってばっかりいて、部屋もいくら片付けてもすぐに散らかる。

自分の事は後回しだから、足の裏がガサガサになる事も多いです。

テレビもつけていないと用事が出来ないので、テレビにも助けてもらう

公園も毎日、行けない時もあります。

生活リズムもなかなか整わず、お昼寝も3時を過ぎる場合もあるし、夜もなかなか寝ない。

夫が帰ってきたら、笑顔でお出迎え出来る時もあるけど、子供と一緒にうたた寝してしまう時もある。

部屋は片付いてないので、急いで片付ける。

夜はたまっている用事を片付けるか、子供と一緒に早く寝てしまう。

こんな感じです。

理想とはほど遠いですね。

 

【理想とは違う子育ての奥深さ】

もっと上手くやれるはずだったのに、こんなはずじゃなかったと後悔しました。

理想どおりに出来ない自分がもどかしく、ストレスを感じる事も多い。

ですが、実際の子供の愛らしさも理想とは違います。

こんなに大切な存在になるとは思っていませんでした。

もちろん、理想でも大事な存在になるとは思っていましたが、現実はその数倍以上の存在になってくれたので、とても幸せです。

確かに理想と現実は違うし、ネットで調べると凄く頑張っている方々が多く感じてしまいます。

ですが、我が子の成長を見守って育てあげる楽しさや、出来る事が増えてきて喜ぶ嬉しさは、理想とは関係なしです。

知らない玩具や、意外と面白い絵本の世界があり、公園巡りの楽しさやNHKのありがたさを実感します。

子供がいなければ、知ることもなかった知識や環境の変化は、大変でもあり、とても興味深い物です。

子育てをすると人間として成長すると言いますが、そんなきっかけも子供がいればこそです。

本当に子育ては奥深いです。

 

【まとめ】

理想を追い求めると現実とのギャップを感じてしまい悲しくなってしまいがちです。

しかし、子供の成長を見守って育てあげるのは理想よりもネットの情報よりも、あなた次第なのです。

その子の可愛い所も上手に出来る所も親が1番知っています。

なので、理想とばかり比べず去年の子育てや少し前の子育てと比べてみて下さい。

成長していませんか?

出来る事が増えていませんか?

それなら大丈夫。

あなたは立派な親です。

手抜きしたっていいんです。いつも通りの子育てで、今日の一日を乗り切っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)