子育てしやすい車の選び方

子供がいると、便利な車が欲しくなるもの。

今までは夫婦2人だけだったから、ファミリーカーの良さもわからない。

そもそも子育てに向いている車って何?

実際に子育てしていないと、何があると便利なのか気づかないこともあるはず。

車の購入を検討しているけど、まだ具体的に決めていない。

なんて方は読んでみてくださいね。

子育てしやすい車とは、どんな車にすべき?

まず大人と子供が乗れるサイズにするべきです。

子供が何人出来るかなんて、神様にもわかりません。

家族が4~5人はゆったり座れる大きさ

ならば、家族が4~5人ほど乗れるものにしましょう。

ほとんどの車に当てはまるとは思いますが、その分広さがないと大変。

5人乗ったらきつくて身動き取れない。

なんてことになると、とても困ります。

祖父母が一緒に乗ったりすることも考えると、5人乗ってもゆったり座れる。

それぐらいの広さがないと厳しいですね。

車内でおむつ替えや着替えをすることも考慮しておきましょう。

子供って、すぐに汚してしまいますから。

おむつから漏れてしまって、その場で着替えることもあるんですよ。

広めの車内だと、ゆったり着替えやおむつを替えてあげられます。

早く替えてあげたいけど、遠出をしていてコンビニしか近くにない。

なんて時に車内でしていますね。

後部座席の窓にスモーク

後部座席の窓にスモークが貼ってあるのも助かります。

日射しが強いと、日除けをつけないといけないんですが、つけていたら窓を開けられないのが難点。

それに、赤ちゃんが引っ張って外してしまうことも。

窓が日除け状態になってたら、安心なのでぜひ考慮してください。

安全機能付きのスライドドア

スライドドアも子供を抱っこしながら開けられるので、とても楽チン。

お母さんが1人で子供を車に乗せる時に大活躍するはずです。

しかし、スライドドアで手をはさんでしまわないか。

というのが少しだけ心配です。

安全機能がついているかもしれませんが、そこが不安で我が家の車はスライドドアではありません。

私がペーパードライバーだというのと、夫が車で職場に行っているという理由もありますが。

私1人で運転しないので、スライドじゃなくてもそれほど困りません。

でも1人で運転して行くのなら必須ですね。

それに子供も勝手に開けてしまうのは怖いので、気をつけないといけませんし。

スライドドアにした方が利点が多いと思います。

荷物がたくさんのせられる

荷物がたくさんのせられること。

これも大切です。

子供がいると、おむつや着替え。

買い物もおむつってかさばりますし、日用品などまとめ買いするのなら荷物がたくさんのる。

これが1番必要だと思います。

何度も買い物に行くのは大変ですからね。

愚図る子供にかまいながらの買い物って凄く疲れてしまいますよ。

おそらく思っているより3倍は疲れてしまうので、荷物がのる車が必要です。

ベビーカーなども乗せられるとお出かけしやすいですね。

使ってみて、すごい便利だったのがステップワゴンのワクワクゲートです。
ワクワクゲート(ホンダ)
知り合いもこれが理由でステップワゴンにした人がいるくらい、あると便利に使えます。

もっと、色々な車でも導入して欲しいくらいの便利さです。

子供がいる家庭の車に必要な安心機能とは

運転サポート

他にも、運転サポートがついていれば万が一の事故を防げますね。

私みたいなペーパードライバーの人が運転の練習をする。

あまり運転していないけど、たまに使うから不安。

なんていう人にはぴったりです。

不安要素を少しでもなくすことで、運転しやすくなると助かりますね。

バックモニター

バックモニターは必須だと思います。

一度、試してほしいのですが、子供が2,3歳の時に、子供が車の後にいて、運転席から見えるかどうかです。

おそらく、多くの場合、気が付かないと思ます。その点、バックモニターがあれば後ろの車の陰にいてもうつりますので、安心です。

まとめ

子育てしやすい車について書いてみました。

妊娠して子育て経験のない方のアドバイスになっていれば幸いです。

経験がないとわからないことって、やはりあると思います。

出産するまで子供がこんなに汚したり、暴れたりするとは思いませんでしたしね。
車の中でも蹴られて靴跡が残ってたりするので、車の中では靴を脱がしてたりして防いでいます。

このように子供の行動は読めないので、スライドドアがあるのは便利ですね。

ぜひ考えて家族で使いやすい車を購入してくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)