入園準備について楽な方法や用意した方が良い物

幼稚園や保育園などの説明会に行くと、必要なものリストがもらえると思います。

結構色々あって、親は準備だけで大変ですよね?

園によっては指定の業者に頼んでくれるものもあります。

例えば、鞄や絵本を入れる用の袋、保育園ならお昼寝セットも必要です。

それらを早くから用意しないと名前をつけるのが大変です。

今回は入園準備についての話をしたいと思います。

買い漏れがないように把握しましょう

園によって規定サイズじゃないとダメだったりしますよね?

まずはスマホで、説明会でもらった必要なものリストを撮影しましょう。

全部メモしなおすのが大変なので、写真を撮れば楽チンですよ。

メモをなくす心配もありませんしね。

次は規定サイズや布という指定を確認しながら購入します。

私はイトーヨーカドーで購入しました。

道具箱などの細かい雑貨は、園で指定されるものを購入します。

そうすると、自分で好きに選んで買うものは、リュックなどになるのですが種類が多くて選ぶのが大変です。

ですが、ママの好みで選ぶのは、後々の問題になるかもしれません。

リュックや絵本鞄などは子供と一緒に選ぼう

このころになると服の好みが明確になりませんか?

そのため、ママの好みで選んでしまうと、気に入らないと言って、毎朝の登園までにひと悶着あったり、

せっかく買ってもより雑に扱われたりして壊れる原因になります。

長く使うものですので、子供も自分で選んだと言う認識を持つような方法にしてくださいね。

「いやいや、そうするとトーマスとかアンパンマンとか、今だけのキャラクター物になる。」と思われるかもしれません。

でも、意外ときちんと説明すれば分かってくれることが多いです。

「これは6歳になっても使うのだから、その色やキャラクターは6歳の時に好きじゃないかもしれないから、別のにしよう!!」と言ってみましょう。

それでもだめなら、一度、通う園に行って、年長さんが使っているリュックや鞄を一緒に見てみてください。

「ほら、お兄さんたちは、こんなかばんを使っているよ。お兄さんになっても使うのだから同じようなのを買おうね。」と言えば、意外と納得してくれます。

私の知り合いの子も、アンパンマンか電車の服しか選ばないような子でしたが、

説明をしたら、大人でも使えるようなデザインのアディダスのリュックを買ったそうです。

「お兄さんになっても使うんだ~」と言っていたそうなので、意外と有効なのかもしれません。

選ぶときに用意しておくと楽な物

子供に選んでもらうのですが、途中で飽きてきたり遊びたいと怒りだします。

小さいおやつを持ってきたり、途中で休憩させてあげる必要があります。

子供の気に入るものにしてあげないといけませんからね。

いかに子供を飽きさせずに選ばせるかが大切なポイントですね。

事前に、どこの店に行くのか、簡単に下見をしておくといいかもしれません。

壊れやすい物は避けましょう

たくさん購入しなければならないので、なるべく安いものにしよう。

そう思っていませんか?

それは間違いです。

子供が気に入ってたまたま安いものだった。

それはいいと思います。

でもなるべく丈夫なものじゃないとすぐに壊れてしまうかも。

そうしたら、もう1度購入しなければなりません。

その方が高くつきますからね。

そこそこの値段のものにした方がいいですよ。

荷物以外の準備も大切に

準備は物を準備するだけではありません。

水筒は入園するまでに、何度か使い方を教えておくといいでしょう。

園で使い方がわからずに困っていたら可哀想ですからね。

幼稚園の服の着方も何度か試しておくといいですね。

リュックや袋などの出し入れをシミュレーションさせておけば、園で困ることもないはず。

入園までに教えておくことって結構ありますね。

一番面倒な名前付けの便利グッズ

さて、買い物も大変なのですが、何か大変だと思う事の1番は名前付けではないでしょうか?

別に「名前をペンで書けばいいのでしょう?」と思われるかもしれませんが、

クレヨン1つ1つにまで名前を付けるのは大変です。

おそらくこの名前をつけるのが、想像よりも1番大変な作業になるのではないでしょうか?

今はネットでもお名前シールセットなどが売られているので、忙しい方はそちらにすると楽チンですね。

服につけられるものも販売されています。

制服がある方はあまりいらないかもしれませんが、ない方は購入するのもいいと思いますよ。

今は可愛い柄もたくさんあるので、お子さんの好きなものにすると喜んでくれるかもしれませんね。

でも、一番目に用意しておくのはお名前スタンプセットです。

着替え服・靴・ハンカチ・クレヨン等、ほとんどの物に対応できますので、あると便利です。

縦横大小で9種類くらいのセットは用意した方が良いと思います。

これは小学生になっても使えますので、ぜひ、今のうちから用意した方が良いです。

お名前シールも可愛いですが、お名前スタンプの方が実用的です。

メルカリなどで名前が印刷されている物を購入する方法もあります

いっそのこと、すでに名前が印刷される物を購入するということも出来るみたいですね。

シールみたいに張らなくてもいいので簡単に終わらせることが出来ます。

もしくは、名前は関係ありませんがメルカリなどで購入するのはどうでしょう?

手作り品などを売っていることもあるので、手作り指定の園に入園される方は助かるはず。

子供のために手作りでしてあげたい。

けど時間がないし、ミシンもないから手縫いだけど不器用。

そんな方にぴったりだと思います。

1度ネットで探してみると、市販のものより可愛いものがあるかもしれませんね。

色々調べてみて、自分が楽になれる方法を選ぶのは大切。

事前準備だけでもうグッタリです。

それよりも楽をして、ゆとりを持って入園式を迎えたいものです。

昔にはなかった方法なので、すごくラッキーだと思って利用しちゃいましょう。

まとめ

入園する時の準備について記事を書いてみました。

とても多くのものを準備しなければならないので、皆さん驚かれると思います。

手先が器用な方は、手作りをされる方もいるかもしれませんね。

でも指定されてなければ、手作りしなくてもいいと思います。

私は不器用なので市販のものを選びました。

子供が気に入ってくれればいいかなと思います。

名前づけも大変ですが、名前シールなどを活用して準備を少しでも楽にすればいいと思います。

物は少しでも丈夫なものにすると長持ちしてくれます。

園児が物を大切にしてくれたらいいんですが、まだ難しいはず。

長く使ってくれたら、安心出来ますね。

水筒や制服の使い方を教えるのも大切です。

シミュレーションをしておくと子供が困ることもなくなるので、早めに慣れさせてあげましょう。

服などの名前つけも毎日少しずつしていくと、後が楽になります。

私は入園式の時に道具箱などのセットがもらえるので、翌日までにつけなければなりません。

それ以外のものに、少しずつ名前を書いていますよ。

事前準備を大切にして、素敵な園生活を迎えてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)