出産体験談、2回経験しての感想・思ったこと

未経験の方は出産と聞くと、どんなイメージがありますか?

私も出産前に脅かされてきました。

すいかを鼻から入れるぐらい痛いなど、想像を絶する痛みという印象で怖かったものです。

そんな体験を2回してみて思ったことなどを記事にしてみようと思います。

まだ妊娠中でイメージ的に怖い!と思っている方は読んでみてください。

最初に言っておきますが、痛みはすごかったです。

それでも体験談を読んで、イメージが出来やすくなってくれればと思います。

2回の出産の体験談

出産は2回経験したんですが、最初は破水してから。

2回目は、計画分娩でした。

無痛分娩はしていません。

1回目の出産の体験談

破水ですが、最初はお漏らししたかな?

という感じでした。

臨月になると、膀胱が圧迫されてトイレが近くなるのでその影響かな?と思っていました。

ですが、何度もそんな感覚がありナプキンをつけて確認した所、破水だということが判明。

尿とは違う臭いがして、ほんのり赤い色でした。

慌てて病院に連絡して、夫と一緒に病院へ。

お泊まりグッズをしっかり持っていき、緊張したのと破水でプチパニック。

この時、陣痛はありませんでした。

病院に行きましたが破水したからと言って、すぐに陣痛も来ないまま病室で待機。

陣痛促進剤などの措置はされていました。

数時間たち、陣痛がきて息が出来なくなるほどの痛み。

しかし、今思えばこの痛みのおかげで強くなれた気がします。

命をかけて出産したんですから、当然なのかもしれませんね。

破水した夜10時から朝10時まで時間がかかった出産。

安産だったと言われました。

分娩台に乗った時は、やっと来た!っという感じでした。

そこからは、かなり早く感じられてただ無心に指示に従っていましたね。

赤ちゃんともうすぐ会える!という感情よりも、早くこの痛みから解放されたい!

そんな思いしかありませんでした。

そして、ようやく赤ちゃんに会えましたが感動よりもやっと終わった!という気持ちでいっぱい。

でも赤ちゃんの顔を見た時、愛らしいと思い早く一緒に帰りたい!と感じることが出来ました。

2日目の出産の体験談

次に二人目ですが、まず計画分娩についてお話しますね。

出産となると、1週間ほど入院しなければなりません。

上の子を見てもらうため、出産日をあらかじめ決めておくと都合がいいのです。

計画分娩は臨月に入って安定していれば、行うことが出来るそう。

出産中に上の子を見といてもらうために、この選択肢は助かりますね。

この分娩法では、バルーンを入れて陣痛を促進するんだそう。

入れてもらってひたすら歩く。

それからは、陣痛がきたのでいきみを逃していました。

二人目のせいか、痛みがマシに感じましたね。

経験したおかげで、どれほどの痛みなのか。

理解できていたのが大きいと思います。

陣痛は三時間ほどで出産出来ました。

かなり安産だったみたいです。

2回の体験して思ったこと・感想

出産って本当に命がけです。

妊娠していると、出産の痛い話しか聞かないので怖くなってしまいます。

確かにとても痛いものですし、怖いのは当然です。

でも、それ以上に経験して良かったと思える一大イベント。

これがあったからこそ、多少の体調不良や痛みにも強くなれたし何より最愛の子供に会うことが出来ます。

もしかしてこの痛みは、母親を強くする試練なのではないでしょうか?

そう思うと少しは怖くなくなるかもしれません。

子供はうるさく手がかかり大変なことも多いです。

でも、それ以上に大切で幸せな気持ちにさせてくれますよ。

思ったよりも陣痛時間は長いので、食事も出来ない状態が続きます。

私は出産する時、空腹でしたが食べられなかったのでつらかったですね。

食べられる時に何か食べておくといいですよ。

まとめ

出産の経験を書いてみました。

この記事で少しでも不安がおさまってくれると嬉しいです。

出産前って不安がいっぱいなんですよね。

育てることが出来るのか、赤ちゃんのお世話なんて難しいのでは?

想像すればするほど不安が大きくなってしまうことも。

でもそれだけじゃなく、可愛い赤ちゃんに会える!

と考えるのはどうでしょうか?

ぜひ出産をのりこえて、楽しく素敵な赤ちゃんとの新生活をおくってくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)