赤ちゃんとのお風呂は危険だらけ?

みんなで育児:睡眠

突然ですが、お風呂の担当って誰がしていますか?

パパがしていたり、ママがしていたり。

家庭環境によって様々だと思います。

しかし、危険度はどちらも一緒。

特に慣れてきてからが、怖い。

今回はそんなお風呂での危険なこととは?

ということを主体に書いていきます。

慣れたり、成長してくると大変さが増えるお風呂。

ぜひ読んでみてくださいね。

危険なことって?

赤ちゃんって最初は自分で動けません。

なので、予想外の行動をまだ取りにくいので親が対処出来るんです。

最初は沐浴ですし、しっかりお風呂場で入るようになるまでは比較的安心。

成長してくると、お風呂で入るようになるのですが危険なものがたくさんあります。

例えばシャンプーなどの赤ちゃん用じゃないもの。

目に入ってしまったり口に入れてしまうと大変です。

1番危険なのが、湯船です。

つかまり立ちをしたり、しっかり歩けるようになるとつい目を離してしまうことも。

自分も洗わないといけないので、シャワーで髪の毛を洗っている一瞬のうちに事件がおきます。

毎日のことなので、油断してしまうこともありますよね。

いつも大丈夫だから。

でもそう思った時に限って、だいたい事件が起きてしまう。

といういらないあるある。

後は、子供を2人以上一緒にいれている時。

すぐ喧嘩しだすので、お風呂が大変。

いつの間にか2人で、泡まみれになっていたり。

楽しいけど、後片付けが大変。

騒ぎだしたら、近所迷惑になるので困りますし。

お風呂ぐらいゆっくり入らせてほしいものです。

他にも、はしゃいでお風呂場でこけてしまった。

シャンプー出しすぎてかなりもったいない。

など危険じゃないこともありますが、叱りっぱなしなことも多いんです。

体力をかなり使うので、お風呂あがりは結構クタクタになるんですよね。

お風呂あがりも大変

まだパートナーが一緒にいる時なら大丈夫なんですが、お風呂あがりもキツイ。

身体を拭いてあげているうちに、脱走して滑ってこける。

自分でドライヤーをしようとして、台を持ってきて取れずにこける。

もしくは頭にドライヤーを落として泣く。

などなど。

大変なことは、濡れた状態で部屋をかけまわり布団に入ろうとすること。

しかも、我が家は2人いるので下の子が真似をしてしまうんです。

たまにかくれんぼをしていたりして。

「いいから、早く拭いて着替えなさい」

お風呂の後も結構大変なので、毎日戦争状態と言えます。

着替えも自分で用意しないと怒るので、ほっておいたらずっと裸。

そして、お漏らしをされたことも。

子供がいると、お風呂もこれほど大変になるとは。

早く成長して自分で全部してくれるようになってほしい。

そうしみじみ思っています。

まとめ

お風呂について。

赤ちゃんが成長してくると、危険なこたはどんどん増えていきます。

お風呂も例外ではありません。

お子さんを1人で入れている方は、よくわかっているかもしれません。

目を離してはいけないけれど、自分の身体も洗わないといけない。

そんな矛盾と戦いながら、毎日頑張ってお風呂戦争に突入。

皆さんも、気をつけてお風呂にいどんでいきましょう。

子供が湯船で溺れている姿は、トラウマになるほど怖いですよ。

パパも、大丈夫と思わないで気をつけてあげてくださいね。

安全に安心してお風呂に入れるようになるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)