毎日手料理じゃないといけないの?ママだって疲れている件

子供を育てていると、相手をするのにかなり労力がいりますよね。

何度言ってもなかなか上手く出来ないし、言うことを
聞いてくれないこともしばしば。

散らかる部屋を片付けても、すぐに散らかってしまいおもちゃを踏んでしまうこと。

皆さん経験されているはず。

こうなると、疲れてしまって手料理を作る余裕がなくなりお惣菜を買ってくる。

そしたら文句を言われてしまった。

今回は、そんな手料理じゃないといけないのか。

ということを書いていきたいと思います。

惣菜を買うもは手抜きではないとわかってほしい

惣菜を買うと手抜きをしている!と責めてくる人もいますよね。

しかし、日中の子育てを知ってほしい。

おもちゃを出しっぱなしにされたり、なぜか投げてきたり。

おむつ替えをしていたら、キックしてきたり。

脱走しようとすることもしばしば。

なんとか頑張って完了しても直後に、大きいのをされてしまいもう一度。

私は冬におむつ替えや、汚れてしまった服を洗っているうちに手荒れをしてしまいました。

ケアをしたくても、赤ちゃんについたら嫌なのでなかなか出来なくって悪化してしまいました。

赤ちゃんのお世話って本当に大変なんです。

目を離すと、思いがけないことをしでかしますし。

掃除もしないといけないし、洗濯物も干さないといけない。

そうすると、コードを触ろうとしていたり干している時に窓の鍵を閉められたことも。

足でガードしながら、閉められないようにして洗濯をしなければならずかなり苦労しました。

閉められるけど開けられない。

というのが小さい子供あるあるですから。

このように毎日大変ということを、わかってほしいですね。

惣菜のメリット

そもそも、惣菜はかなりメリットがあるのです。

それは、手間がかかるコロッケなどを食べられること。

じゃがいもを茹でてつぶして、挽肉などで成形。

衣をつけて揚げる。

というのは、結構な手間です。

特に揚げ物は、小さなお子さんがいる場合かなり難度が高いのです。

なぜか料理をしだした時にかぎって泣かれるんですよね。

大泣きされると抱っこしてあげたくなるのですが、揚げ物をしてると泣かせっぱなしにするしかありません。

これが精神的にくるんですよね。

でも危ないから抱っこひもでおんぶするわけにもいかず。

しかも、時間のかかるものだとその分ほっておかないといけません。

寝てるからと思っても、すぐ起きてきたりしますし。

惣菜はそんな時間をなくしてくれるので、かなりメリットがあるのではないでしょうか。

まとめ

手料理じゃないといけないのか。

惣菜を活用するのは、メリットだらけ。

デメリットはお金がかかることでしょうか。

上手く活用することで、ママも少しは楽になれるはず。

家族も理解してくれるのが1番いいですね。

バタバタ用事がある時も、惣菜を買って帰ると大助かり。

外食するよりも安上がりですから。

ママの負担を軽くするためにも、ぜひ惣菜を使いましょう。

今なら冷凍も質のいいものが多いので、買い置きして活用するのもいいですね。

ぜひこの記事で少しでも、手料理を求めすぎない人が増えてくれると嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)