毎日の献立作りを楽にするのは簡単な方法だった?

いつも手料理をされている方。

1番大変なのは何でしょう。

料理を作る手間?

買い物をしないといけないこと?

いいえ、1番面倒なのは献立を考えることです。

家族の好き嫌いや、マンネリしないように考えるのってかなり面倒。

だいたい聞くと「何でもいい」

と返事してくるのでイライラしますよね。

毎日のことなので、考えるのがしんどかったりします。

なので今回はそんな献立について書いていきたいと思います。

毎日考えるのがしんどい方、ぜひ読んでくださいね。

毎日の献立を考えるのはどうしてしんどいのか

毎日のメニューを考えるのって、かなり大変です。

家族が休みだと、1日で3回考えないといけませんし。

家族の意見を聞くといいかもしれませんが、何でもいいとか、外食したい!

という答えが返ってくることも多く、イライラしがちです。

それに、提案されても買い物に行かないと材料がないということも多いでしょう。

特に夏休みになると、お子さんの分を毎回考えないといけない。

好き嫌いが多い場合は特に大変ですよね。

毎日の献立を楽にするには?

ではどうすればいいのでしょう。

それは、献立を変えるのではなく食材を変えていくことです。

例えば、肉野菜炒めを作るとします。

肉を牛から豚に変えてみたり、野菜を変えていく。

というだけで、かなり印象の変わった料理になるはず。

味付けも、甘辛味や塩胡椒などのシンプルなものなど。

同じ食材であっても、バリエーションが豊かになるでしょう。

こんな風にしていくことで、献立をあまり考えなくてもよくなります。

品数を少なくしたいなら、具だくさん味噌汁を作ればいいですし。

逆に多くしたいなら、1つの野菜をおかか和えにしてみるとすぐに出来ますよね。

必要な食材を考えすぎず、代用したり変えてみることでマンネリを防いだり家にある物で作れます。

ぜひ参考にしてみてください。

毎回献立を考えるのが辛いなら、冷凍の揚げるだけでいいおかずをストックしておくのもおすすめ。

簡単ですし、作るのが大変な時にこそ大活躍します。

アレンジしてもいいですし、そのまま使うのもいいですよ。

お子さんが好き嫌いが多いのなら、基本的に食べられるものをローテーションしていく。

苦手なものを少しだけでも食べさせる。

ぐらいにすると、ストレスも少なくなります。

作ったのに食べてくれないのはかなり嫌ですしね。

これで、少しでも献立を楽に決められるといいですね。

まとめ

献立を決めるのって、毎回悩んでしまったりしますよね。

家族に好き嫌いが多いと、さらに悩みますし。

そんな方に向けて、今回書いてみました。

ネットでレシピを調べるのもいいですが、アレンジしたり食材を変えてみる。

というのが、1番楽だと思います。

考えるのが大変なら、冷蔵庫の食材だけを使うなど。

使うものを限定してしまうと、メニューを決めやすくなります。

なので、参考にしてもらえると嬉しいです。

肉野菜炒めも、バリエーションがかなり増えるので実践してもらえるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)