子供を本好きにしてあげたい人がすべきこと

突然ですが、お子さんは絵本は好きでしょうか。

読んであげてもすぐに離れてしまう。

興味がそれほどない。

けど、どうせなら本を好きになってほしいし読んであげたい。

そんな方に、どうしてあげればいいのか書いてみようと思います。

本が好きになると、たくさん読んであげないといけませんが結構楽しかったりします。

言葉も覚えてくれるでしょうし、ぜひチャレンジしてくださいね。

本好きにするために

まずお子さんの年齢にあった絵本を用意しておきましょう。

たくさん揃えるとお金がかかってしまうので、中古本などもおすすめ。

結構種類も豊富ですし、プチプラなのでぜひ活用したいですね。

前までは、新品ばかり買っていましたが中古だと気軽に買えます。

図書館などの本は、破いてしまわないか。

きちんと返却しないといけない。

などお子さんが持っていると、汚されるかもしれない。

と不安に思うので、ある程度大きくなってきてから利用するといいかもしれません。

絵本を用意出来たら、読んでいくだけなんですけど。

すぐ離れてしまうから、読むのをやめてしまっている。

という方。

私の子供もそんな感じで、読んでほしい!と持ってきても少ししたら飽きて違う遊びをしだす。

ということが結構ありました。

しかし、私は子供が他の遊びをしている横で声に出して読んでみることにしました。

すると、少しずつですが興味が出てきたみたいで絵本を見てくれるようになる。

という進歩があり、何度も読むうちに大好きになってくれたのです。

今では、1日に6冊ほど読む日もあるので結構大変ではありますが。

真剣な眼差しで絵本を見ているのを見ると、読んであがないと!と思えます。

大切なスキンシップですね。

ネットも活用すべし

本といえば借りるか購入するしかない。

そう思っている方もいるでしょう。

しかし、それだけではありません。

スマホで無料で絵本が読めたりするのです。

私は絵本はもちろん購入したりしていますが、アプリの絵本も読んであげたりしています。

たまに違うものを読んであげると、飽きにくくなりますしね。

ずっと読んでいると、こちらが飽きてしまうこともありますから。

絵本ひろばというアプリなんですが、無料なのと検索機能がついています。

例えばまだ2歳の子供に読みたいのなら、2歳向けのもの。

内容も楽しいものにする。

など絞り込み機能がついているのには驚きました。

子供に渡して選ばせて読んだりしています。

大きい子供向けのものは、長かったり内容が少し難しかったり。

小さい子には向いていませんからね。

忙しいパパとの共有時間

私の友人の本好きの子供ですが、

寝かしつけはパパの本読みの後と決めています。

もちろん、パパの帰宅が遅くなり無理なこともありますが、

パパが居るときは、必ずお布団に入ってパパにお気に入りの1冊を読んでもらってから寝るそうです。

3人の子供がいるそうですが、3人で3冊も読むと30分以上になるそうですが、

パパもこれだけはと頑張ってくれているそうです。

忙しいパパを独占できる大切な時間とすると、寝かしつけの準備にもなるので子供もとても楽しみにしているようです。

まとめ

絵本を好きにしてあげるために出来ることについて。

書いてみましたが、いかがでしたか?

耳に聞こえるだけでも、興味を持ってくれたりする可能性を秘めています。

子供が離れると、もういいかな?と思ってやめてしまいがちです。

しかし、聞こえてくるとどんな絵なのかな?と気になってくればラッキーです。

後は楽しそうに読んでみると、いつの間にか絵本に夢中になります。

自分で読んでいたり、暗記していて見ながら声に出して読んでいたことも。

アプリや中古なども上手く活用して、素敵な絵本を見つけてください。

ぜひチャレンジしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)