子供と一緒に寝落ちしてしまうのを防ぐには?

みんなで育児:睡眠

毎日家事に育児に奮闘していて、寝かしつけが成功した時。

ようやく自由な時間が取れるんですが、そこで寝落ちしてしまう。

なんてことありませんか?

私はあります。

特に夕方から寝かしつけまでがハードすぎて、一緒に寝てしまうんですよね。

やりたいことはたくさんあるのに、疲れてしまう。

なので今回は、寝落ちを防ぐためにはどうすべきなのか。

について書きたいと思います。

ぜひ読んでみてください。

寝落ちを防ぐには?

少しでも自由な時間を確保するために、出来ることは頑張りすぎないことでしょうか。

特に夕方からの怒涛の用事が、疲れてしまう原因だと思います。

なので、用事を分けてしまうのはどうでしょう。

夕方にすることといえば、ご飯の支度や洗濯物の片付けにお風呂など。

これをいくつか前倒しするといいでしょう。

例えば、洗濯物の片付けをもう少し早くしてしまう。

夜に洗濯をして干してしまうのもいいですね。

そうすれば、お昼には乾いているので夕方忙しくならずにすみます。

ご飯の支度も、ある程度の下ごしらえを午前中にしておく。

そうすることで、夕方の支度も短くすみます。

メインだけ夕方に作って、他のおかずだけ午前中に作っておく。

というのもいいですね。

さすがにお風呂や晩ごはんはどうにも出来ません。

他のことで、少しでも早く終わらせるときっと助かるはず。

他には、寝かしつけをパパにお願いすること。

一緒に寝落ちをする機会をなくしてみるのもありですね。

絵本を読んであげると、こちらも眠たくなってしまいますから。

このように、方法はあるので寝落ちしないように気をつけましょう。

やりたいことを考えておく

寝落ちしないようにするには、自由時間に何をしようか考えておくのもおすすめ。

やりたいことを決めておくと、楽しみになって寝落ちしにくくなるからです。

例えば、子供が寝たらこの本を読む。

極秘のスイーツを食べて楽しむ。

好きなドラマを見る。

など目標があるとやる気が出ます。

昼間にたくさん遊ばせて早く寝てもらうのもあり。

公園もいいんですが、遊び方によってはそれほど疲れてくれなかったりします。

お散歩にしてみたり、ダンスをさせたり。

少しでも疲れてもらって、早く寝てもらいましょう。

まとめ

寝落ちしてしまうのは、仕方ないけれど好きなことをしたい!

という方も多いでしょう。

起きている間は、一緒に遊んだり家事をしたり。

結構忙しいものです。

なので記事に書いてみました。

いかがでしたか?

少しでも自由な時間を確保するために、早めに家事をすませてしまうのはかなり効果的。

お風呂や晩ごはんは前倒し出来ませんので、普段夕方にやっている家事を前倒ししちゃいましょう。

洗濯物は朝干さないといけない。

というルールはありません。

夜に干してしまうというのは、私が小さい頃に親がやっていた方法です。

9時までなら、洗濯機を使っても騒音トラブルにならないでしょうし。

常識範囲ならきっと大丈夫。

ぜひ参考にしてもらって、少しでも自由に過ごせるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)