ママ友は深く付き合うよりも、浅い方がトラブルが少ない

子供が園に通うようになると、ママ友を作らなければ!

と焦ってしまうことありませんか?

確かに情報を共有したり出来る相手がいるといないのとでは大違い。

しかし反対にトラブルも多いという話を聞きます。

今回はそんなママ友について書いていきたいと思います。

少しでもトラブルを避けたい方。

ぜひ読んでみてください。

私自身は大きなグループには参加しない

ママ友って、人数が多いよりも少ない方がいいと思うんです。

なぜかというと、大きなグループに入ってしまうとトラブルが多くなると私は思うからです。

リーダー格の人の言うことは絶対に聞かないといけない。

付き合いでランチなど、価値観が違う相手だと付き合うだけでお金がどんどんなくなってしまう。

などなど。

大人数だと、断りにくくなり付き合いが悪くなると悪口を言われてしまう。

という話をよく聞くからです。

なので、ママ友は深く作るよりも浅い方がトラブルは少ないと思います。

親同士が険悪になってしまい、子供にも影響があるのは嫌ですからね。

難しいところです。

なので、私は挨拶はしっかりしてたまにおしゃべりをする。

ぐらいにしています。

今はそういうママも多いみたいで、集団になっていることは少ないみたいですが。

よくしゃべるママ友はいると安心ですよ。

園以外で会うことはほとんどありませんが。

たまに公園で出会うと、一緒に遊ばせるぐらいですね。

ランチも午前保育の時にたまに。

なので金銭的にも不安なく付き合っています。

その方が楽なので、ぜひ参考にしてくださいね。

ママ友と深い付き合いはしてはいけないの?

そういう訳ではありません。

気が合う人が出来れば有りだと思います。

ただし、その人とだけべったりではなく他の人とも話が出来ると安心です。

クラス分けがあって、その人と離れてしまうことも考えられるからです。

違うクラスになると、どうしても話す機会が減ってしまうので少し寂しくなります。

私もクラスが変わりママ友と離れてしまいました。

なので、今は同じクラスの人に話しかけてみたりしています。

どう話しかけていいかわからない時。

今日暑いですね。

など当たり障りのないことから話しかけるのがおすすめ。

だんだん、園でこんなことがあった。

などお話が続くようになるかもしれません。

積極的に話しかけることが大切ですね。

まとめ

ママ友トラブルを避けたい。

というのは皆さんも同じではないでしょうか。

ならば浅く付き合うと、トラブルになることも少ないですし集団に入らないこと。

これが安全策だと私は思います。

こじれると集団はやっかいですから。

何がきっかけになるかわかりませんしね。

無理をして付き合うより、自然に付き合える相手を探す方が絶対にいいですよ。

ママがつらいとお子さんも可哀想ですから。

ママ友がいると助かるのは事実ですが、クラス替えや違う小学校だった。

なんてことも当然あります。

なるべく色々な人に挨拶したり、話しかけていると小学校に行っても知っている人が多い方が安心かもしれませんね。

ママ友トラブルになるべく巻き込まれないといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)